ITE は、冷蔵・冷凍物流へ先端技術を提供します
Call us 03-6206-3101
Comparison 1

ドライアイスとの比較/コスト削減

  • ドライアイスとの比較
  • ドライアイスからアイスバッテーリーに使用変更した場合の比較
  • 一般的なアイスパックとの比較
fig1

ドライアイスとの比較

Example1: 日本のお客様 A

Example2: 日本のお客様 B

アイスバッテリーとドライアイスの温度比較

ドライアイスの保冷力が落ちてもアイスバッテリー®の保冷力は落ちませんでした。


For more details, please ask.

Comparison 2

ドライアイスとアイスバッテリーのコスト比較

アイスバッテリーを導入することで、約70%のコスト削減になりました。 ※イラストはイメージです。 ※設定条件、使用条件によって、それぞれのコストは大きく変動します。本シミュレーションは一例です。 コスト削減シミュレーションいたします。詳細につきましてはお問い合わせください。

Comparison 3

一般的なアイスパックとの比較

アイスパック使用

  • -21℃~0℃まで
  • 一定の温度を保てない
  • 長時間の保冷には、温度変化の予想がたてられない
  • 固まるのに24時間かかる
  • 開閉時、温度を一定に保てない
  • 温度保持の時間の予測ができない
  • 凍結の状態がわかりにくい
  • 使用するごとに劣化し、性能を保証できない
  • 製品間の互換性が低い

高性能保冷剤(アイスバッテリー®)使用

  • -35℃~+25℃に対応
  • 一定の温度を保つことができる
  • 長時間の保冷計画が立てられる
  • 12時間で固まる
  • 何度保冷ボックスを開閉しても一定温度を保てる
  • 枚数を増やせば保冷時間を延ばすことができる
  • 凍結状態を目視で確認できる
  • 3年以上繰返しつかえる(約2200回)
  • 製品間の互換性がある(シリーズとの商品も組み合わせ可能)

(English) Data : Internal testing as of Oct, 2018.

一般的なアイスパックとアイスバッテリーの温度比較

アイスパックの保冷力が落ちてもアイスバッテリー®の保冷力は落ちませんでした。 詳細はお問い合わせください。