ITE は、冷蔵・冷凍物流へ先端技術を提供します
Call us 03-6206-3101

アイスバッテリーの3つの特徴

Solution 1

長時間一定温度と湿度の保持

高機能保冷剤(アイスバッテリー)を冷蔵庫で10~12時間冷却し、運搬する商品と一緒に専用ボックスやカートに入れるだけで、-25°C~+25°Cの一定温度での搬送が可能です。

  • 最長190時間の一定温度・湿度保持が可能です。
  • -25°C~+25°Cの温度帯に対応
  • 何回開閉動作を行っても一定温度を保持
  • ドライアイスの最適な代替え製品で環境に配慮
  • 生鮮食品に最適な80%〜90%の湿度を保持
Solution 2

物流コストを大幅に削減させることができる。

高機能保冷剤(アイスバッテリー)を冷蔵庫で10~12時間冷却し、運搬する商品と一緒に専用ボックスやカートに入れるだけで、-25°C~+25°Cの一定温度での搬送が可能です。アイスバッテリーのプレートは最低2200回再利用可能です。

  • -25°C~+25°Cの温度帯に対応
  • ドライアイスの最適な代替え製品で環境に配慮
  • 簡易的なアイスバッテリーを使ったシステム
  • アイスバッテリーのプレートは温度帯ごとの色分け
Solution 3

CO2削減に加え環境に優しい。

このシステムはドライアイスや凍結にかかる手間やトラックドライバーの負担を軽減させます。 この特徴を生かし常に最良の解決を物流面で提案しCO2を削減していきます。 1アイスバッテリーシステムは冷蔵車の良い代替品です。 2ドライアイスに代わるコールドチェーンすなわち環境に優しい。