会社概要

当社の取り組み



Innovate Energy Saving Products for Global Markets. 
世界のマーケットの為に、燃料削減する製品を作り続けます。

当社はエネルギーの節約、省エネに焦点をあて、業界内で高水準かつ非常に効率的な天然資源の活用ノウハウを提供するものであり、賛同企業や投資家の方々、消費者、あるいは環境にとって付加価値性の高い提案を行っていきたいと考えています。そのための最初の礎(いしずえ)としてアイスバッテリー(R)システムの開発およびご紹介があります。当システムは現在私たちが抱えているエネルギーや環境問題に答えを出すことのできる製品だと自負しています。


当社の提案するアイスバッテリー(R)システムは、CO2排出量を抑え、かつ企業間および消費者間にソリューションを提供しながら食料やエネルギー、水などを保存できる方法にフォーカスした製品群です。この製品群は、電力供給がない状況下で長時間食品を一定温度(-25°C~25°Cの任意の温度)で保存することができ、物流・農業・医療・航空貨物などの分野において革新をもたらします。

また、これらの革新において、賛同企業や投資家の方々に企業発展、投資利益などのメリットをもたらすことのみならず、環境・次世代・地域社会といった3つの基本的価値を消費者と共有することができるものと私たちは考えています。

CSR活動

「かつて日本はサムライの国でした。サムライは大義を掲げ、自らの行為の結果として、責任を負う覚悟がありました。

私は、日本で経営の道に進むことで、現代にも経営者という多くのサムライ達が居ることを知りました。そして、当社のポリシーは『人のため』。まず人のためというカルマがあり、次に感謝・感動があります。自分に感動がないと、他人に感動は与えられません。」


アイスバッテリー株式会社

CEO/代表取締役社長

パンカジ・クマール・ガルグ



1.障碍者自立支援

アイ・ティ・イーでは2011年4月からごきげんファームの活動を支えることで、障碍者の自立支援をしています。

「障碍者がこの世に生まれてきたことには意味がある。障碍者も人間、天職を得、"土"とかかわることで輝く。障碍者のそばに神様がいる。その彼ら/彼女らから生まれた農産物にはエネルギーがある。その農産物を消費者に届けることで、日本社会を元気にし活動を発信していきたい。」


2.被災地の復興支援

スマイルPJなど、被災地の自治体と協力して、持続的成長を助けています。


「3.11で日本人の意識が変わり、新しい生き方が出てきた。命ほど尊いものはない。そして食べ物、水、環境。それが一番人間にとって尊いものと誰もがわかった。限りある資源を大切にし、環境をよみがえらせた上で、後世に残すことが私たちの世代、今を生きる一人ひとりの責任。」


画:パンカジ・ガルグ


3.次世代育成協力

教育機関(つくば大学、九州大学、学習塾など)を舞台に、ビジネス創出や次世代を担う若者と交流を行っています。

「子供達、若者は未来そのもの。」


Copyright©2015 IceBattery Co.,Ltd All rights reserved.